偽のきのこによる中毒:最初の兆候、症状が現れた後、応急処置

ナラタケは自然からの贈り物であり、その優れた味と有用な微量元素で多くのキノコ狩り者から高く評価されています。ただし、利点とともに、これらの子実体は非常に危険にさらされる可能性があります。

きのこによる重度の中毒はめったに起こりませんが、それにもかかわらず、きのこの収穫を軽くとるべきではありません。きのこが害を及ぼさないと主張することは、他の人にテングタケ属または淡いヒキガエルの食用性を保証するようなものです。きのこきのこ中毒の主で最も重要な原因は、偽の双子です。彼の経験不足のために、キノコピッカーはそれらを食用種と混同して彼のバスケットに入れ、それによって彼自身と彼の家族を危険にさらす可能性があります。したがって、きのこの収穫を求めて森に入る前に、食用キノコと非食用キノコの違いを研究することが不可欠です。経験豊富なキノコ狩りにアドバイスを求め、一緒に「静かな狩り」の場所を訪れるのが一番です。

秋のきのこによる中毒の原因

ただし、特定の状況では、無害な秋のキノコでさえ中毒につながる可能性があることを覚えておく必要があります。きのこは、スポンジのように、亜鉛、コバルト、水銀、鉛などの重金属の塩を吸収することが知られています。子実体が工業企業や工場の近く、および高速道路に沿って成長する場合、同様の酩酊状態が発生します。この場合、ナラタケは多くの危険物質を蓄積する可能性があり、食べると健康に害を及ぼします。したがって、そのような場所を避け、生態学的にきれいな場所でキノコ狩りをすることを強くお勧めします。さらに、ハニーアガリックの長期保存と不適切な熱処理も中毒を引き起こす可能性があります。

しかし、すべてが一見したほど怖いわけではありません。食用キノコの種を区別する方法を知っていて、それらの収集、保管、および熱処理の規則を厳密に遵守している場合は、キノコ中毒の症状に悩まされることはなく、誰もする必要はありません。応急処置を提供します。

偽キノコによるキノコ中毒の症状と徴候

偽のキノコによる中毒の症状と兆候は、特定の種類の真菌、および人体の個々の特性によって異なります。したがって、この家族の一部の代表者は偽と呼ばれていますが、それでも条件付きで食べられるカテゴリに属しています。これは、長時間の熱処理中にそれらを食べることができることを意味します。中に入る偽のキノコのいくつかのタイプは、軽度の中毒を引き起こすだけですが、他のタイプは死に至ることさえあります。後者には、灰色のラメラと赤レンガ色の疑似発泡体が含まれます。特に、きのこ中毒の症状と徴候の重症度は、食べた量に依存します。残念ながら、このような不快な現象の影響を受けない人はいないため、中毒を早期に特定してタイムリーな支援を提供できる適切な情報を身に付けることが不可欠です。

偽のキノコによる中毒の深刻な結果から身を守るために、あなたは最初の兆候を正しく識別することができる必要があります。ほとんどの場合、急性胃腸炎が観察され、その結果、体は脱水し始めます。中毒の疑いがわずかにある場合、中毒の程度を判断することは非常に困難です。これは、正しい治療法を処方する医師が行う必要があります。

偽のキノコによる中毒の最初の兆候は、患者の全身状態の悪化によって特徴づけられます。腹部全体に広がる吐き気、下痢、けいれんの痛みが現れます。中毒がより深刻な場合、症状はそれだけではありません。新しい兆候が現れます:嘔吐、脱力感、悪寒、手足の冷却と湿気、皮膚の蒼白。患者はめまいと急性頭痛を訴え始めます。

まれに、キノコ中毒の最初の兆候に、より深刻なものが追加されます。 心拍数の低下。その結果、心不全が発症し、血圧が低下し、空気が不足し、皮膚や粘膜が青みがかった色になります。

さらにまれな状況では、妄想や幻覚が発生する可能性があります。患者は狂気に隣接する状態に没頭している。

偽きのこによる中毒の症状が現れるまでどのくらいかかりますか、そして3日目に何が起こりますか?

偽キノコ中毒の症状が現れるまでどのくらいかかりますか?この質問への答えは、患者にタイムリーな支援を提供し、深刻な結果を防ぐのに役立つため、知っておくことが非常に重要です。したがって、子実体を食べてから30〜50分以内に最初の兆候が観察されます。しかし、中毒の程度と生物の個々の特徴を考慮に入れると、ここでは2〜6時間後でも最初の症状が現れる可能性があります。

そして、3日目にキノコで中毒した後はどうなりますか?時間内に医師に相談し、患者に適切な支援を提供すれば、中毒の症状は跡形もなく消えます。そうでなければ、セルフメディケーションでは、死ぬまでの数日以内に内臓に深刻な合併症を起こす可能性があります。質の高い治療を受けるためのタイムリーな試みを行わないと、その後、腎臓、肝臓、心臓、さらには胃腸管の機能を破壊する可能性があります。

キノコの塩漬けと中毒の症状

塩漬けや冷凍だけでなく、塩漬けのきのこでも中毒が起こることがあります。熱処理や瞬間冷凍でも有毒物質は破壊されません。したがって、誤って偽の(有毒な)キノコを摂取しないように、森に集められたすべてのキノコを監視することが非常に重要です。

さらに、子実体の缶詰も危険であり、ボツリヌス中毒を引き起こす可能性があります。そして、このために、いくつかの偽のキノコを瓶に転がす必要はありません。食用キノコの熱処理が不十分なため、この病気の原因物質は死ぬことはありませんが、密閉容器内で増殖し続けます。同時に、外部の兆候によって瓶の中のボツリヌス中毒の存在を判断することは不可能であるため、予備的な沸騰に努力を惜しまない方が良いです。きのこの漬け物による中毒の症状は、新鮮なきのこを食べることによって引き起こされる中毒の症状と同じです。

偽のきのこによる中毒の症状をどうするか:応急処置と治療

偽のきのこで中毒した場合はどうすればよいですか?患者が前日にきのこを食べたことが確実にわかっている場合は、すぐに救急車を呼ぶ必要があります。これは、神経系が有毒物質の影響に非常に敏感な人々、つまり子供や高齢者に特に当てはまります。

救急車が到着する前に、病気の胃をすすぎ、活性炭を与える必要があります。伝統的に、胃洗浄は次のように行われます。患者は、絞扼反射を誘発するために、一度に飲むために数杯の温かいお湯を与えられます。嘔吐物が普通の水の形で出始めるまで、15分ごとに水分を与える必要があります。さらに、中毒の影響のリスクを減らすために、浣腸と下剤で腸を浄化することができます。

重要! 有毒なキノコを何人か食べたことがあり、中毒の症状があるのは1人だけの場合、例外なく全員が胃を洗う必要があります。決して自分で対処しようとしないでください。普通の食べ物による家庭の中毒の原因は健康状態が悪いことです。

偽きのこによる中毒の症状の場合、治療とさらなる予防措置は資格のある医師によって決定されます。 ただし、1〜2時間以内に病院に到着できない場合は、胃洗浄に加えて、次の対策を講じることができます。

  • 0.5大さじを与え続けます。脱水症状から体を守るために、20〜30分ごとに沸騰したお湯。
  • 嘔吐が終わったら、温かくて少し甘くした紅茶を与えることができます。
  • 患者を毛布または温熱パッド付きのカバーで包みます。これはお湯と交換することもできます。

キノコ中毒のさらなる治療は、中毒の兆候が時間内に認識され、適切な支援が提供されれば、患者にとって迅速かつ効果的に通過します。

最後に、患者は毛布に包まれるか、加熱パッド、お湯のボトルで覆われます。